給料から引かれる税金!



 

吾郎です。そう、今日は給料から引かれる税金の種類を簡単に整理して見ますね。

結構、よく理解していない人も多いのでは?と思いながら一度書いておこうと思ってました。前回の記事で住民税の怖さの体験談を書いてますのでこちらもあわせて読んでみてくださいね。

 

《 税金 》

所得税
所得税は会社があらかじめ給与から税金を天引きして代納する仕組み(源泉徴収)で控除されています。この源泉徴収された税金は、年末調整によって正確な税額と精算されます。

住民税
住民税は前年の所得に対してかかる税金です。その決まった税額を6月から翌年5月までの給料から控除されるという仕組みです。

 

《 社会保険 》

健康保険

勤労者として自ら加入しているもの。大企業や企業グループは組合管掌健康保険に、中小企業などは協会けんぽ、公務員などは共済組合に加入しています。

介護保険
40歳以上になると介護保険の被保険者となり、保険料が徴収されます。

厚生年金
会社が厚生年金を適用してれば公的年金として加入し、被保険者になります。

雇用保険
労働者の生活と雇用の安定のために政府が行っている保険制度。失業時に失業手当(基本手当)が受給できます。

 

だいたいこんな感じです。吾郎は40歳を超えてますので、介護保険が天引きされてます。実は40歳以上の方は強制で引かれるみたいですね。月4000円程度だったように思います。この貧乏人から引くのか…と思いました(笑)。

こうやって見ると結構、引かれてますよね。僕は、額面が42万位で手取りが36万位です。(残業代によって変動します。)

 

また、住民税は会社によって引かれる場合と自分で納付に行かないと行けない場合があり、自分納付の場合に忘れていて滞納が発生します。また、すべての住人に掛かる税金です。自分はなにも言われてないから大丈夫って事は絶対ありません。しっかり、役所に確認に行き、自分の税額を確認しましょう。

 

日本は生きているだけで結構お金掛かる国なんです…大変ですよね。なので、税金はもっと有意義に使って頂きたい物です。

2017年元気に会社員をやっています。現在年収607万。借金推定400万です。支払いが給料の25%を超えた事により、やばいと思い、速やかに借り入れを返済指定しまおうとブログを書きます。特に、借り入れの様子やこんな感じで生活してるよって事が多くなるかと思います。また、借金返済でこのブログを終了します。

≪2017年7月現在…借金総額401万≫
≪2017年6月現在…借金総額415万≫
≪2017年5月現在…借金総額435万≫

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です